スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分と豆

節分は現在では2月3日です。しかし、節分という名前は本来、春夏秋冬の各季節の始まりの日の前日を指す言葉だったそうです。現在のように、節分と言えば立春の前の日を指し、豆まきをして厄を払い、無病息災を願って恵方巻きを食べるといった習慣が広まったのは江戸時代以降になってからのようです。
節分では豆をまく時に、「鬼は外」と言います。これは厄祓いを意味しています。同じように、節分が厄祓いの行事であることを表わす習慣の一つに、鰯の頭を柊の枝にさして玄関に飾るというものがあります。これも古来より魔除け、鬼除けとして知られているものです。
節分の行事の中には、豆だけではなくお菓子をまいたりするところもあり、観光の目玉になっていることもあります。お寺などに多くの人が集まって、一年の始まりの運試しとばかりに、まかれたお菓子などをもらう様子をニュースなどで見たことがあるのではないでしょうか。
節分にはいろいろな行事や習慣があります。仕事が忙しかったり、一人で暮らしていたりすると、豆まきすらしなくなってしまうこともあるかと思いますが、恵方巻きを食べたり、ちょっと近所のお寺などでお参りをするなど、一つでも良いので、季節の節目を感じるようなことをしてみると、リラックスできるかもしれません。

節分の行事と言えば、まっ先に思い浮かぶのが豆まきではないでしょうか。ところで、豆まきの習慣はどうして始まったのでしょうか。豆まきの習慣は、中国の豆打ちの儀式にその由来があると言われています。つまり、元々は中国大陸の習慣の一つだったということです。
節分の豆まきには、厄を払うという意味があります。節分の豆まきは、平安時代に起源のある「追儺」という行事から生まれたものだと言われています。追儺というのは古くは中国に起源をもつ鬼払いの儀式で、大晦日などの節目に、宮中で行われていた年中行事のことです。
節分の豆まきは、各地で年中行事の一つとして盛んに行われているものの一つです。お寺によっては芸能人などの有名人が来て、豆やお菓子などを撒くところもあります。こうした大きな節分の豆まき行事を楽しみに、毎年同じ所に旅行をしている人もいるということです。
節分には地域によって様々な特色がありますが、豆をまくという習慣はどこも変わらないようです。節分についてちょっと調べてみると、全国のどこでも同じ日に行う行事でありながら、行事の習慣が全国に広がっていく過程で、地域ごとに異なった習慣が加えられたりしたというのが良く分かり、とても面白いと思います。


RSS関連リンク
節分でパパ力(ヂカラ)アップ 楽しい巻き寿司、子育てパパの交流会 ...
パパ力(ヂカラ)アップのためのセミナーです。2月3日の節分に、家族みんなで太巻きのお寿司をつくった後、パパは子育て交流座談会、ママと子どもはエレガントなマナーを身につけます。

節分特集、「エビとカニの水族館」
2月3日は節分。 「鬼は外! 福は内!」と1年の幸せを祈って豆まきをする家庭も多いと思いますが、エビとカニの水族館では、今年も節分にちなんで、和名に“ オニ ” と “ ツノ ”のつく生物を集めています。 節分特集 ...


トップに戻る


テーマ : 旬のニュース - ジャンル : ニュース

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。